事業内容

- BUSINESS GUIDE -

ビル塗装工事

外壁塗装で劣化から守り、快適で長持ちに
外壁は、サイディングを使用した金属性の外壁でも、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料を使用した物でも、
年月の経過と共に必ず傷んできます。

また同時にコーキング材(壁と壁を防水などのため、継ぎ目やすきまを埋めること)も傷みます。
そうなると建物内部まで被害が及ぼす可能性が出てきます。
そうなる前の外壁塗装をお勧めします。
外壁塗装
外壁塗装は屋根同様に洗浄を行ってから、 下塗り・中塗り・上塗りと作業を重ねて行きます。 その際に、壁の間にあるコーキング材が傷んでいた り、隙間ができているようであれば、一緒に作業を行 います。そして、綺麗な外壁と保護膜となって建物を 守ってくれます。

防水工事

水漏れ被害を防ぐことで建物の耐久年数がより長くなる
防水工事の一番の必要性は、雨漏りなどの水漏れ被害から建物を守ることです。
雨漏りを起こすと、その雨水が建物内部に進入し、建物にとって大切な鉄筋部分を錆びさせたり、
天井裏を腐らせたりします。 そうすると、もちろん建物の耐久年数が短くなり、リフォームに大きな費用がかかります。
こうなる前の防水工事が大切です。
笠木(かさぎ)のウレタン防水工事
笠木(かさぎ)は屋上などに設けられる
手摺壁のことを言います。
雨水から建物を守るこの笠木もしっかり、防水工事を
行わなければいけません。
ここではウレタン防水によって施工を行っております。

足場工事

一般住宅から中高層物件の仮設足場工事まで

内装工事

住宅、マンション・アパート、店舗、オフィス、全てのクロス(壁紙) フィルム、床工事、新築・改修工事問わず施工可能です。
大手建築業者の(住宅、マンション、アパート)の新規内装施工から賃貸の原状回復、張替え工事、店舗・オフィス等の商業
施設などのクロス張替え(壁紙)、床工事、ダイノックシート、ガラスフィルム、カーテン・ブラインド等窓周りの内装工事を
幅広く行っています。
壁装材
クロス・壁紙の耐用年数は10年前後といわれていま すが、お住まいの生活環境により大きく変わっていき ます。また、賃貸住宅においては、室内の多くの面 積を占める、壁紙の状態により入居率も 変化することでしょう。 弊社は年間1000件程度のクロス現場を施工しています。 新築工事から張替まで幅広く施工可能です。< スピード・費用・アフターを最優先する工事体制を追 求しています。
床材
住宅に始まり、オフィス、病院、店舗、外部廊下、 プール等の施設などで工事を行なっています。 床工事は使用材料の知識、施工するのり等の使用方法、 工程や仕上がりなどの経験が必要とされます。 多くの施工経験がある、弊社に是非お問合わせください。
シート
硬質塩ビタックシート(ダイノックシート)は本物の 木質や石などに限りなく近づけたフィルムで、 建具・三方枠・テーブルや机などの家具、 扉・エレベーター、壁面、ドア、浴室、ガラスなど 様々な場所に施工が可能です。 ガラスフィルムは曇り調の目隠しの役目から、 防犯、飛散防止・日射しの暑さを低減・UVカット ・防虫効果など機能も様々です。
窓周り
カーテンやブラインド・ロールスクリーンに代表される あらゆる窓周りの、提案・工事を行います。 お部屋の間仕切りなども施工しています。

アスベスト除去

一歩間違うと大変な事態を引き起こすアスベスト除去工事
アスベスト除去工事のポイント
1.アスベスト除去工事は事前のアスベスト(石綿)浮遊濃度調査が必須です
労働安全衛生法、石綿障害予防規則、大気汚染防止法により、アスベスト除去工事の際は工事関係者(労働者)や周辺地 域住民の安全を確保のため、石綿浮遊濃度測定を行なわなければなりません。 ※除去作業を行う現場の敷地境界の4ヶ所と負圧ダクト吹きだし口で、施工前、施工中、施工後に測定する。(環境測定士に より)
2.アスベスト除去工事は、工事全体のたったの3割
アスベスト除去工事の全作業工程中のアスベスト除去作業自体は全体の3割程度に当たり、準備段階で天井・壁の養生、ク リーンルームの設置、除去後の石綿の専用袋への梱包、搬出、養生の撤去などの作業に手間が掛かります。 (安い業者・にわか業者は、この事前準備と後片付けを省略して利益を出そうとするので、非常に危険です)
3.アスベストは特別産業廃棄物!簡単に捨てられません
アスベストは通常の建設廃材と違い、特別作業廃棄物として扱い廃棄代も高くつきます。 関東近県では処分場も少なくなり、長野や浜松などにも処分に行きます。 しかし、処分場は行政庁の許可が必要です。 今のよう処分していくと5年以内に処分場が無くなると言われ、今後、アスベスト処理コストは、ますます増加していくと思われ ます。(新しい処分方法が出てくれば変わる可能性もありますが・・・)
4.アスベスト除去工事の作業員の健康
アスベスト除去工事をしている作業員の健康チェックは定期的に行われ、施工計画書には医師の診断書が義務づけられていま す。コストの安いアスベスト除去業者は、この健康診断を省略している可能性があります。(つまり、違法です)
このページのTOPへ戻る